基礎代謝と新陳代謝

女子にとって、
健康な肌であることは
自分を若々しくするための基本です。

皮膚の外側にあたる角質層は、
奥から基底層、有棘層、顆粒層、いちばん表面に近い角質層の
四つから構成されています。

基底層から分裂した細胞は、
角質層へと形や性質を変えながら
肌の表面へと押し上げられ、
角質層に達すると生命力のない細胞となり、
垢として剥がれ落ちます。

このように皮膚が生まれてから
剥がれ落ちるまでの過程は角化と呼ばれ、
角化のサイクルはおよそ28日です。

角化はターンオーバー、
もしくは表皮の新陳代謝とも呼ばれます。

皮膚の細胞は、角化を繰り返し、
日々生まれ変わっています。

多くのお肌トラブルの根源は、
新陳代謝の異常であったり、
角質層が厚くなる、
角質が毛穴に詰まってしまったことによって現れるものです。

一方、新陳代謝とともに基礎代謝という言葉もよく耳にします。

基礎代謝とは、
体を動かしていなくても、
呼吸、心拍、消化など、
生命の維持のために最低限に消費する
エネルギー量です。

基礎代謝は、年齢を重ねるごとに減少します。

基礎代謝が低下すると、
血液やリンパの循環が悪くなり、
体の細胞も元気がなくなります。

したがって基礎代謝の低下は、
表皮の新陳代謝にも影響を及ぼし、
ターンオーバーのサイクルに乱れが生じて、
様々な皮膚トラブルへとつながってしまうのです。

皮膚のトラブルは、
体全体の健康状態から大きく影響を受けるものですから、
外側からトラブルを起こしているところだけを何とかしようとするのではなく、
体の内側から体質を改善するというが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です