あらためて理解するコラーゲン

テレビのコマーシャルで、
「うーん、コラーゲンがたっぷりでプルプル美肌効果!」
などとワクワクするようなキャッチコピーを聞くと、
つい問合せの番号に電話したくなりますね。
コラーゲンは、体に良いからということで、買い求めますが、
コラーゲンについて、どの程度ご存知でしょうか?

「釈迦に説法」とは思いつつも、
あらためてコラーゲンについて復習しておきましょう。

コラーゲンは、人の体を構成するタンパク質の一つで、
体の弾力を保持する役割を担っています。
皮膚や血管の細胞、更には骨の細胞をも結びつけています。

人の体の中では常に新陳代謝が行なわれ、
古いコラーゲンは、新しいコラーゲンと入れ替わりながら、命を維持しています。
しかし、年齢を重ねると、代謝機能が若い時と比べると活発でなくなり、
古いコラーゲンと新しいコラーゲンのバトンタッチが
スムーズに行われなくなります。
その結果、肌のハリがなくなる、関節に痛みがでる、
血管では柔軟性が劣ることで、動脈硬化の一因にもなります。

そこで、体の外からコラーゲンを摂取し、
活発でなくなった代謝をバックアップする必要があるのです。
コラーゲンは、美容効果に注目されがちですが、
身体全体の健康を保つために欠かせない物質なのです。

元気で健康的な生活をおくるためには、
コラーゲンを積極的に摂取することをお薦めします。
ただし、闇雲に摂取すれば良いというわけではありません。
コラーゲンは、数十個のアミノ酸が結びついた構造になっています。
そこで、コラーゲンを低分子化して、
コラーゲンペプチドという吸収されやすい状態で摂取すると、
無駄なく体内に取り込まれます。
やまだのコラーゲンゼリーは、まさに、
コラーゲンペプチドの状態で含まれています。
せっかく摂るのなら、しっかりと無駄なく吸収できるように…
やまだ農園本舗の一つのこだわりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です