乳癌のリスクを減らすオリーブオイル

最新の医学研究において、
乳がんを治療する手段は未だ限られています。

また、乳がんを治療する薬の研究においても、
決定打はまだ現れていないのが現状です。

したがって、乳がんになる可能性を低くするような
防衛策に努めるというのが、
個人レベルでできる対策のひとつとなります。

ニューヨークのマウント・シナイ乳がんセンターの
ロスウェル博士が公開した報告によると、
バランスの取れた食生活と肥満体質にならないことが、
乳がん発症のリスクを減らすとしています。

そのひとつの方法が、
オリーブオイルを積極的に摂ることです。

オリーブオイルには、
酸化に対して抑制的に働く力を持つポリフェノールが豊富に含まれ、
過酸化物質を取り除き、動脈硬化の発生を抑制します。

エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルの苦い辛味であるオレウロペインは、
強力な抗酸化作用を示し、免疫系を強化します。

またオリーブオイル中のセコイリドイドなどの成分は、
ピロリ菌に対する強い抑制作用を示すという報告もあります。

他にもオリーブオイルに含まれるリグナン、セコイリドイドは、
腺癌のひとつである乳がん抑制に力を発揮するばかりでなく、
転移をも抑制することが分かってきています。

同博士が2014年に、3,500人以上の女性を調査したところ、
一日にオリーブオイル大さじ1.5杯以上を摂ったグループは、
マンモグラフィー検査において、
乳房密度(※1)が低下しているという結果を得ています。

乳腺密度の高い乳房は、密度の低い乳房と比べて、
乳房のX線で撮影した画像の読み取りや解釈が困難となる、
つまり乳がんを発見しづらくなります。

※1マンモグラフィー:乳がんを診断する方法のひとつで、乳腺・乳房専用のレントゲン撮影です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です