年とともに減少する成分と増加する痛み

0b2584d80d85a151c632670b02060c9e_m

年齢と共に減少すると言われているのが、グルコサミンです。
グルコサミンとは、軟骨成分のひとつです。
体内のグルコサミンが不足してしまうと骨の軟骨が形成されにくくなり、関節を曲げるたびに骨と骨がこすれて痛みが発生することがあります。
間接に痛みを感じるようになったときは、グルコサミンが不足している可能性があります。
そのような状態を予防するためにも、やまだのグロコロキシンを摂取して有効成分を補うことが大切です。

やまだのグロコロキシンに含まれている成分

やまだのグロコロキシンにはグルコサミンを始め、コンドロイチンやⅡ型コラーゲン、生姜エキスや5-ロキシンなどが含まれています。
他にも様々な成分が含まれていますので、原材料について紹介します。

やまだのグロコロキシンの凄いところは、新成分になる5-ロキシンが豊富に含まれている点にあります。
この成分は、ボスウェリアセラータという落葉樹の樹脂から抽出されるものです。
こちらの成分が含まれていることによって、曲げ伸ばしの違和感の原因を酵素の力で働きかけることができ、イキイキとした毎日が送れるようになります。

やまだのグロコロキシンは効果が期待できるの?

やまだのグロコロキシンに含まれているグルコサミンは、健康的な効果として関節症の治療に効果が感じられると言われています。
膝や関節痛の軟骨が加重の衝撃で支えられなくなることで起こり、痛みや腫れを伴います。
グルコサミンを摂取することによって、関節症を予防する効果や、痛みを改善する効果があるとされているのです。
また5-ロキシンには、関節の炎症を和らげたり、痛みを和らげるなどの効果があると言います。
そのため、やまだのグロコロキシンを摂取することで関節痛の痛みを和らげることができるようになり、立ったり座ったりが楽にできるようになるかもしれません。

加齢と共にグルコサミンが減少してしまうため、軟骨の形成ができなくなって骨と骨がこすれて痛みが発生します。
そんなときは、やまだのグロコロキシンでグルコサミンや5-ロキシンを摂取すれば、関節痛の炎症や痛みを和らげることができるでしょう。
関節は人間が歩いたり、足を曲げ伸ばしする際にとても重要なものですので、やまだのグロコロキシンを摂取して軟骨の形成を促してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です