胃がんのリスクを高めるピロリ菌対策には酵素がおすすめ

ピロリ菌の存在は、多くの方がご存じなのではないでしょうか。ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こすことで知られており、多くの人が知らないうちに保有していることが分かっています。ピロリ菌を除去することで、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんのリスクを下げることができます。この記事では、ピロリ菌の感染経路や家庭でできるピロリ菌対策など、ピロリ菌に関する基礎知識について紹介します。

ピロリ菌はどうやって移るの?

現在、日本人の約4人に1人がピロリ菌に感染していると言われていますが、大半の人は無症状なため、ピロリ菌に感染していることを自覚していないとされています。ピロリ菌が胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの原因菌であることが多くの人に知られていますが、では、人はどうしてピロリ菌に感染してしまうのかご存じでしょうか。

実はピロリ菌の感染経路については、まだ完全に明らかにはなっていないのが現状です。現在では、経口感染や、井戸水などの生活用水にピロリ菌が混ざっていたのを飲んだことなど、なんらかのきっかけでピロリ菌を口に含んでしまったことが原因で、感染するのではないかと考えられています。免疫力が低く、胃酸の分泌がまだ少ない幼児期は、成人してからよりもピロリ菌に感染する割合が高いとも言われており、幼少期に口に含むものに対しては少し注意が必要です。

とはいえ、ピロリ菌に感染したからといって、すべての人が胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどを発症するというわけではありません。ピロリ菌を保菌していることが分かった場合には、減菌や除菌をして経過観察で様子を見ていくことが求められます。

ピロリ菌に感染しているかどうか調べる方法は?

ピロリ菌に感染しているかどうかを調べる方法はいくつかあります。現在医療機関では、内視鏡を併用した迅速ウレアーゼ試験や尿素呼気試験、便中H. pylori抗原検査、血液検査など、さまざまな方法で検査が行われています。いずれも大変精度の高い検査ですが、100%結果が正確に出るというものではなく、いくつかの検査を併用して行い総合的に判断されるのが一般的です。

最近では、自宅で専用器材を使って採血を行い、郵送で血液を提出、提出された血液からさまざまな検査が行えるという検査専用キットが販売されています。病院で受ける検査よりも簡易検査にはなりますが、ピロリ菌の検査キットもあります。ピロリ菌の感染が気になるけれど、仕事や育児などで病院へ行って検査を受ける時間が取れないという人は、郵送で受けられる簡易検査を受けてみてはいかがでしょうか。

ピロリ菌にはヨーグルトが効くって本当?

ヨーグルトがピロリ菌に効くというのを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?自宅で手軽にピロリ菌対策ができれば嬉しいですよね。ヨーグルトがピロリ菌対策になるというのは、ヨーグルトそのものがピロリ菌に対して効果を発揮するというわけではありません。近年の研究で、ヨーグルトに含まれている特定の乳酸菌がピロリ菌を減少させるのに役立つことが分かってきました。

乳酸菌を増やすことは、ピロリ菌の減少だけでなく、体の老廃物を排出するのにも役立ちます。最近では「腸活」と呼ばれる、腸内細菌を増やして腸内環境を整え、さまざまな体の不調を治して健康的な体を手に入れましょうという考えが浸透してきています。体を健やかに保つためにも、乳酸菌のパワーをしっかりと高めることが重要です。

乳酸菌がピロリ菌の減少や、その他の体の不調に効果を発揮するというのは、最近多くの人に知られてきましたが、腸内細菌の全体数は決まっているものだということはあまり知られていない事実です。腸内細菌は、乳酸菌をはじめとした善玉菌と、体の不調の原因となる悪玉菌の2種類の菌に分かれます。乳酸菌(善玉菌)が減ると悪玉菌が増えるという、優劣が入れ替わるような状態でバランスを保っています。

体が不調に傾かないようにするためには、常に善玉菌である乳酸菌を増やす努力をすることが大切ということが、お分かりいただけるのではないでしょうか。ピロリ菌対策の1つとしても、乳酸菌を増やすことに着目することが大切です。

酵素を摂って乳酸菌を増やそう

体の中で化学反応が起きる時には、酵素が深く関係しています。酵素の種類は多種多様にありますが、酵素の中にはオリゴ糖を生み出すものがあります。例えば、麹と一緒になって働く穀物酵素などがその一例です。酵素によって生み出されたオリゴ糖は、乳酸菌の大好物。酵素を摂取することが、結果的に乳酸菌を増やすことに繋がるというわけです。

ピロリ菌が気になる、ピロリ菌を少しでも減らしたいという場合には、胃酸に強い乳酸菌を含んだヨーグルトを摂取すると同時に、穀物酵素を摂取することでその効果を高めることが期待できるでしょう。

酵素を手軽に摂取できるドリンクが多く販売されていますが、酵素を選ぶ際には、どのような効果が期待できる酵素なのか、酵素以外に含まれている成分は何かというのをチェックすることをおすすめします。ピロリ菌対策として酵素を選ぶ場合には、オリゴ糖を生成する穀物酵素かつ、酵素のほかに乳酸菌が含まれているものであればより理想的だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です