夏バテの不快な症状や原因は?効果的な対策とは?

548b91aad941c49f78bba8abff477b1b_s

気温が高くなってくると、なんとなく体がダル重い、食欲がわかないなど体の不調を感じる人も多いのではないでしょうか。いわゆる「夏バテ」と言われるつらい症状は、どのように対策していけば良いのでしょうか。この記事では、夏バテの症状や原因、効果的な対策方法などをご紹介します。

夏バテの主な症状とは?

「夏バテ」という言葉はよく耳にしますが、実際にはどのような症状なのか分からないという人も少なくありません。あなたの感じている体の不調も、実は原因は夏バテにあるのかもしれません。夏バテになると現れがちな症状に、思い当たるものがないかチェックしてみましょう。

・寝ても次の日まで引きずる全身の疲労感
・イライラ感
・顔や体のむくみ
・体がだるく熱っぽい
・食欲不振
・やる気がでない
・立ちくらみ
・下痢や便秘

つらい夏バテの原因とは?

夏バテの原因は1つだけではないと考えられています。例えば、体内の水分やミネラルが不足すると、脱水症状を起こしてしまいがちになります。結果的に便秘や立ちくらみにつながってしまいます。体のだるさや熱っぽさを感じることもあります。

冷房の効いた室内で過ごす時間が長い人や、定期的な運動などにより汗をかく習慣がない人の場合は、暑さと冷えを繰り返し体の機能が衰えてしまいます。自律神経が乱れ、疲労感やイライラ、無気力などにつながることがあります。自律神経が乱れると、一見夏バテとは気が付きにくいような頭痛症状など、体のさまざまな部分に不調が現れます。

夏の暑さからの食欲不振は栄養失調に直結し、立ちくらみやその他の体の不調を起こします。さまざまな原因が複雑に絡んで、全身症状として現れるのが夏バテの特徴です。

効果的な夏バテ対策で夏を乗り切ろう

夏バテの予防や、すでに夏バテになってしまったときはどのように対策すれば良いのでしょうか。夏バテ対策の方法をご紹介します。

漢方薬で体調を整える

夏バテの症状で病院を受診した場合に処方される薬に多いのが漢方薬です。漢方薬は、東洋医学の中心的な治療法で、植物の茎や花、貝殻や鉱物といった生薬由来の成分で作られています。夏バテに効くとされる漢方薬は、気虚証(ききょしょう)、亡津液証(ぼうしんえきしょう)、水毒証(すいどくしょう)などが一般的です。漢方はその人の体質や体調によって処方される成分が異なります。

体質や体調に合わないものを飲んだ場合には、かえって体の不調につながってしまうこともあるため、自己判断で市販の漢方薬を飲むことは、少し注意が必要だと言えるでしょう。漢方薬を飲む場合には、必ず医師の診察を受けることをおすすめします。

食事で足りないものを補う

夏バテに効果的とされる食べ物を毎日の食事に取り入れてみるのも1つの手です。エネルギーのもとになるたんぱく質や、ビタミンが摂れる夏野菜などを上手に料理に取り入れましょう。とはいえ、足りない栄養素を食事だけで補うことは少し難しいものです。調理の場合は手間もかかってしまうため、食事だけで夏バテ対策をすることに神経質になりすぎないことをおすすめします。

夏バテのときは、食欲も落ちてしまいがちです。そんな時には、少量でもスタミナのつくお料理を作ってみてはいかがでしょうか。おすすめレシピをご紹介します。豆腐と牛肉でたんぱく質が取れ、キムチのスパイシーさやごま油の香りが食欲をそそります。

スタミナ冷ややっこ
(材料)
・木綿豆腐 1丁・ 白菜キムチ 50~70g・牛挽き肉 80g・焼肉のタレ 大さじ2・おろしニンニク(チューブタイプ) 約1cm分・ごま油 小さじ1・白ごま 少々
タレ(ポン酢 大さじ1・コチュジャン 小さじ1/2・ネギ小口切り 1~2本分)
(作り方)
1. フライパンにごま油をひき、にんにくを熱してから牛挽き肉を炒める。色が変わったら焼肉のたれと白ごまを加えて火を止める
2. 水切りした豆腐に荒く刻んだキムチと1の牛肉を乗せ、混ぜ合わせたタレの材料を上からかけたら完成

青汁で手軽に夏バテ対策

夏バテ対策には、ビタミンの補給が欠かせません。夏バテで食欲不振になると体内に入る食べ物の量が減り、十分なエネルギーを確保するのが難しくなります。エネルギー不足は、体のだるさや疲労感となって現れます。ビタミン類は炭水化物を効率よくエネルギーに変えるのをサポートします。体の不調を感じるときは、積極的にビタミンを摂ることを心がけましょう。

ビタミンを多く含む野菜を大量に摂取するのは毎日の食事であっても難しいものです。効率良くとれるアイテムとしておすすめなのが青汁です。野菜不足を補うことで知られている青汁は、夏バテで食欲不振のときでも飲みやすく、効率よくビタミンが摂れると言えます。

食物繊維が豊富な青汁を選べば、ほどよく水分も摂取でき、便秘の解消にもつながります。調理のような手間も不要で、どこでも気軽に摂取できるというのも青汁の大きな魅力。夏バテ予防、夏バテになってからの対策として、早めに準備しておくことをおすすめします。

夏バテの不快な症状には青汁がおすすめ

食欲不振のときでも飲みやすく、夏バテ解消に必要な栄養素が含まれている青汁は、手軽にできる夏バテ対策アイテムとしておすすめです。青汁を選ぶ場合には、飲みやすさはもちろんですが、原料や生産体制などをチェックして商品を選ぶことをおすすめします。毎日口にするものだからこそ、こだわった商品選びが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です