夏になると便秘になる方々へ

季節限定で便秘の症状にお悩みの方々の多くが、夏になるとお通じが悪くなることが多いようです。自分なりに色々と関連情報を募り、それなりの原因を見定めたうえで対応策を講じてはみるものの、結局改善には至れず、結局市販の便秘薬に頼らざるを得ない、この展開を嘆く声も少なくありません。

ここでは夏の便秘の原因と発生のメカニズム、そして青汁を用いた改善策の効果について、皆さんと一緒に基礎的な知識の確認作業を進めて行きたいと思います。現在このような症状にお悩みでない方々にも、夏の便秘発症のリスクは皆無とは言えず注意が必要です。

便秘の原因と身体のメカニズム

夏は四季を通じて1番汗をかく季節であり、十分な水分補給を続けていたとしても、身体は他の季節と比較して乾き気味の状態となります。加えて食欲減退傾向も否めず、口あたりの良いメニュー中心の食生活を好んだ結果、私達の肉体が元来必要とする各種有効成分の摂取不足に繋がるリスクも高まります。

水分不足で腸内の便自体が固くなるのに加え、消化器系自体の働きが鈍ってしまえば、自ずと便秘の症状に拍車が掛かってしまいます。「飲む」というシンプルな作業を通じ、水分と食物繊維を始めとする各種有効成分の摂取が可能な青汁で、夏の便秘改善効果を得るライフスタイルがおすすめです。

夏季の食生活上注意すべきポイント

食欲減退が避けられない夏季の食生活は、どうしても野菜不足に直結しがちです。熱い鍋料理などには箸が伸びず、冷たい麺類など、一時的に空腹感を満たすメニューが中心となれば、身体が必要とする各種有効成分が慢性的に不足してしまい、便秘や慢性的な疲労感など、身体上の不具合に繋がるリスクが高まります。

さらには喉越しの良い清涼飲料水の摂取量が増え、お腹を冷やしてしまう一方で根本的な便秘改善には至れず、胃腸に無意味な負担を掛けてしまいがちです。分量は少な目でもバランスの良い食生活を他の季節以上に心掛けつつ、青汁を用いて野菜不足を補う工夫も一案です。

青汁で不足気味の有効成分を確保

特に日々忙しく、自ら調理する時間が確保できず、市販の惣菜品で食事を済ませる方々にとって、夏場の野菜不足がより一層顕著となる傾向が否めません。サラダなどパック詰めされた生野菜を買って食する事は可能ですが、キャベツや玉ねぎなど品種が限られてしまい、緑黄野菜を食べる行為を通じて摂取する各種成分の不足が避けられません。

便秘改善効果や血糖値上昇を抑えるなど、特に健康を維持するうえで不可欠な各種成分の補填は必須であり、青汁で効率良く不足分をカバーされる習慣の実践がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です