医学的に認められたプラセンタの効果

医学的に認められたプラセンタの効果

自然界では哺乳類が子どもを産み終えたばかりの親が自分の胎盤を食べるという光景がしばしば見られます。栄養の宝庫である胎盤エキス、プラセンタを摂取することにより、出産で落ちてしまった体力の回復を促していると考えられており、その驚異的な成分や効能・効果は昔から医学的にも認められているものでもあります。

プラセンタに含まれる成分や美容にも効果が期待されているその効能や効果、経口摂取による効果とは一体どんなものなのでしょうか。

プラセンタに含まれる成分

プラセンタは胎盤エキスのことで、一般的には、哺乳類の胎盤から抽出された栄養素などの成分のことを指します。母体と胎児をつなぐ大変重要な器官である胎盤には、アミノ酸と三大栄養素だけでなく、ビタミンやミネラル、酵素などのありとあらゆる栄養素が含まれていて、栄養の宝庫ともいえます。

それぞれの成分は、身体を作る重要な栄養源であったり、身体の機能を正常に保つ役割や免疫力や抗酸化力を向上させる役割を担ったりするものです。また、遺伝子の修復や新陳代謝の促進、アンチエイジングなどにも重要な作用をもたらすもので、医学的に認められているだけでなく、美容や育毛などさまざまな分野でその効能や効果が注目されているものとなっています。

プラセンタの効能・効果

プラセンタに含まれる豊富な有効成分が、傷や炎症の治癒力を向上させる効果があることは医学的には古くから知られており、古代ギリシャの時代にも治療に用いられていたといわれています。

日本においては、1950年代から医療機関で治療に導入されることとなり、自律神経やホルモンバランスの調整、組織修復作用などに幅広く活用されています。また、ビタミンC、E、ミネラルのほか、活性ペプチドの抗酸化作用により、身体のサビの原因となる活性酵素を除去し、シミやシワなどの老化現象を防ぐ効果が高いとされるため、美容効果も高いといわれています。

経口のほか、注射や皮膚に塗り込むことで体内にプラセンタを摂取する方法があります。

経口摂取によるプラセンタの美容効果

プラセンタを体に取り入れる方法は、以前であれば原液を直接注射で注入する方法が週龍で、経口摂取はあまり盛んではありませんでした。しかし、医学的に経口摂取の有効性を証明する実験結果も見られるようになり、サプリメントなどの開発も盛んに行われるようになってきています。

ある大手メーカーの研究所では、マウスにプラセンタエキスが含有した試験食を与えたところ、与えなかったマウスよりも紫外線から受けるダメージが抑えられたという結果が出ており、また、ドリンク剤による人への経口摂取の実験からは、肌の弾力が改善されたとの報告もあります。人間においても、プラセンタの経口摂取は肌の調子を整えるのに高い効果が期待できるでしょう。

質の良いサプリメントやドリンクなどを長期間、継続的に摂取することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です