ブルーライトとルテインの関係

ブルーライトとルテインの関係

私たちを照らしてくれる光には、紫外線や赤外線、可視光線など、さまざまなものがあります。科学技術の発達によって、テレビやパソコン、LED照明などの生活に欠かすことのできない電化製品はブルーライトを発しています。

最近では、ブルーライトをカットするサングラスやシールドなどが販売されており、ブルーライトが目や身体に及ぼす悪影響も問題となっています。とりわけ、目の疲れに大きく影響し、目の健康を維持するために必要なルテインが大量に消費されるといわれています。

ブルーライトに囲まれる生活

現代の生活は、日の出とともに起床して活動し、日の入りとともに就寝するという原始的な暮らしから激変し、光の技術の進歩とともに一日中眠らない街などといわれる繁華街も存在しています。太陽の光以外に、照明やテレビ、パソコンやスマートフォン、携帯ゲーム機の液晶モニター、コンビニなどの商業施設や飲食店、レジャー施設の証明など、光がない世界は想像ができないものとなっています。

さまざまな色が複雑に合成されて発せられる光の中には、目や身体に与える影響が多いと問題視されるブルーライトが多く含まれており、網膜や黄斑部に与えるダメージが多いため目の健康を維持するルテインの減少にもつながるという考え方もあります。

ブルーライトが目に及ぼす影響

ブルーライトが目に及ぼす影響

ブルーライトは、他の光と比べると、波長が短いため、空中のチリやホコリによって散乱しやすいという特徴があります。それが、パソコンやテレビの液晶画面のぶれやちらつきといったものに表れ、目の水晶体の厚さを調整してピントを合わせようとして、目のまわりの毛様体筋を酷使し、疲れ目の原因となります。

また、ブルーライトは、紫外線に次いで非常に高いエネルギーをもっており、網膜や黄斑部に与えるダメージも大きいので、網膜疾患や黄斑変性症などを引き起こす原因の一つとも考えられています。ブルーライトは、網膜や水晶体にとどまりながら目の酸化を防ぎ、血流を良くして目の周りの筋肉をほぐす役割を果たすルテインを減少させることにつながりかねないのです。

ルテインで目の内側から守る

目の黄斑部には、ルテインやゼアキサンチンと呼ばれるカロテノイドの一種が備わっており、酸化を防ぐとともに眼球の周りの筋肉がスムーズに動くのをサポートしています。

ブルーライトが目にダメージを与えることによって、ルテインを大量に消費しながら、目の健康を維持しようと機能しますが、このルテインは加齢とともに減少してしまいます。ルテインは体内でつくりだすことができないため、緑黄色野菜などで経口摂取することが求められます。

一日に必要とされるルテインの量を毎日、規則正しい食事で補給できればいいのですが、不規則な食事や栄養の偏りなどがあるとそれも困難です。そのような際には、サプリメントで効率的に摂取することが望ましいといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です