貧乏ゆすりの原因って?貧乏ゆすり(ジグリング)の健康への効果について

9100a63cd1d93a5b29032b45145baf36_s

貧乏ゆすりと聞くと、子供の頃から「行儀が悪い」と親から注意を受けたという記憶があり、なんだかあまり良いイメージがありませんよね。
あまり印象の良くない貧乏ゆすりですが、私たちはなぜ貧乏ゆすりをしてしまうのでしょうか。
ここでは、貧乏ゆすりの原因と、実は『貧乏ゆすり=ジグリング』として健康への効果が認められているその効果についてご紹介します。

貧乏ゆすりはどうして起こる?その原因について

1f08ab4c130abafcea5061d146b7e94c_s

悪い癖としてあまり良い印象を持たれない貧乏ゆすりですが、どのような原因で貧乏ゆすりをしてしまうのでしょうか。
ここでは、貧乏ゆすりをしてしまう原因についてみていきたいと思います。

貧乏ゆすりの原因は詳しく解明されていない

貧乏ゆすりの原因についてですが、実は完全に解明されているわけではございません。
ですので、ここでは貧乏ゆすりの原因について有力とされている説をお届けして参ります。

下肢血流の改善をするため

まず貧乏ゆすりをしてしまう健康上の原因として考えられているのが「下肢血流の改善」をはかるためです。
私たちの体は、心臓から送りだされた血液が全身をめぐり、その後心臓に戻ってくることで健康な生活を送ることができます。
全身へ送り出された血液は、ふくらはぎの筋肉が収縮をすることで、ポンプ作用が働き、心臓へ戻されるわけですが、現代人はこのポンプ作用が働きにくい状況が生まれやすいと言われています。
たとえば、長時間のデスクワーク等により座った状態が続くと、心臓へ血液を戻すためのふくらはぎの筋肉が動きにくい状況に。
このような状態が続くと、ふくらはぎのポンプ作用が衰えてしまい、脚からの血流が滞りがちになります。
実は、このような血行不良を防ぐために無意識に貧乏ゆすりをしていると考えられているのです
血行不良に陥ると、「冷え性」や「むくみ」はもとより「下肢静脈瘤」、「エコノミークラス症候群」を発生しやすくなるため注意が必要。

精神的な働きによるもの

貧乏ゆすりをしているときに考えごとやイライラしていることはありませんか。
実は、精神的な変化によっても無意識に貧乏ゆすりをしてしまうと言われています。
人間は、考えごとやストレスが増加したとき、睡眠不足が続くと、幸せホルモンと言われている「セロトニン」の分泌量が低下します。
しかし、セロトニンの分泌量低下は一定のリズムをとることで、防げると言われているのです。
セロトニンの分泌量低下を防ぐ運動としては、ランニングやウォーキングが有名ですが、実は貧乏ゆすりでも効果的なのではないかと研究されています。
このように私たちの体は、精神的な安定のために、無意識に貧乏ゆすりをしている可能性も。

レストレスレッグス症候群が原因の場合も

『レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome)』という病気をご存知でしょうか。
実は、このレストレスレッグス症候群の特徴が、非常に貧乏ゆすりと似ており、注意が必要。
レストレスレッグス症候群とは、脚が休みなく動いてしまう病気のことで、国内では数百万人が罹患していると言われています。
女性の罹患が多く、脚を動かさなくてはいられない状態となり、体を横にしているときや夕方から夜にかけて症状が強くなることも
レストレスレッグス症候群の原因は、腎不全・糖尿病・貧血などが関係しています。
貧乏ゆすりと症状が似ているため、勘違いしやすく、実はレストレスレッグス症候群だったということも。

貧乏ゆすりはジグリングとして新保存療法にも採用されている

貧乏ゆすりは、かつてあまり良い印象ではありませんでした。
しかし、前章でもお伝えした通り、血流を改善したり、精神を安定させるなど健康への素晴らしい効果がすでに確認されています。
最近では、貧乏ゆすりが医療用語で「ジグリング」と言われ、さまざまな医療効果が期待できるとされています。
特に、2017年9月27日のNHK「ためしてガッテン」の放送で、変形性股関節症の治療にジグリングが利用されていることを初めて知った方も多いのではないでしょうか。
柳川リハビリテーション病院名誉院長であった「故 井上明生」医師が著者である「びんぼうゆすりで変形性股関節症は治る!」では、実際にジグリングを行って股関節の痛みが軽減し、軟骨が再生したケースを紹介しています。
また、「変形性股関節症に対する関節温存手術後の関節症に対するジグリングの効用」の論文では、1日2時間ジグリングを行なった結果の改善例が記載されています。

参考:変形性股関節症に対する関節温存手術後の関節症に対するジグリングの効用
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai/65/3/65_389/_pdf

貧乏ゆすり(ジグリング)の健康へ与える効果とは

2b3e4191b4019c3ce971b5ba0c3be679_s

変形性股関節症に対しての健康効果が認められている貧乏ゆすりですが、それ以外にどのような効果があるのでしょうか。
ここでは、さらに詳しく貧乏ゆすり(ジグリング)が健康に与える効果についてご紹介致します。

冷え性やむくみの改善

貧乏ゆすりでは、『第二の心臓』と言われているふくらはぎの筋肉を刺激します。
ふくらはぎの筋収縮によって血液循環が改善されますので、リンパの滞りが解消し、その結果冷え性やむくみの改善効果が期待できます。
オフィスワークで冷え性や、むくみで悩まされている方にもジグリングはおすすめです。

エコノミークラス症候群の発症を防ぐ

車の中や寝たきりの場合など、脚を思うように動かせない状態が続くと、脚の血管に血栓と呼ばれる塊ができ、エコノミークラス症候群に陥る場合があります。
しかし、貧乏ゆすり(ジグリング)を行うことで血流改善効果が期待できますので、エコノミークラス症候群のリスクも軽減します。

不安やイライラを解消

貧乏ゆすりによって、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されることは先に述べた通りですが、これにより気持ちの安定が得られる可能性があります。
もちろん解明されていないことの多い貧乏ゆすりですので、今後新たな発見があるかもしれません。
貧乏ゆすりが気持ちの落ち着かない時や気を紛らわせる場合の回避動作になっていることは多くの人が体験していることです。

貧乏ゆすり(ジグリング)の健康効果に着目した「健康ゆすり」

yamada001

貧乏ゆすりは、これまではあまり良いイメージを持たれませんでしたが、弊社では、ジグリングの健康への効果に以前から着目し、柳川リハビリテーション病院名誉院長であった「故 井上明生」医師のご協力のもと、健康効果の高いジグリングを行える医療認定機器「健康ゆすり」を開発致しました。
健康ゆすりの開発段階から、何度も改良を重ね、多くのお客様から大変嬉しい反響を頂いております。
脚の疲労回復や冷え性、むくみの改善サポートはもちろんのこと、変形性股関節症の痛みで悩まされている方などのセルフケアに自信をもっておすすめできる商品となっております。

▼医療認定機器「健康ゆすり」の詳細は以下のリンクより

-安心安全の医療認定機器-
購入日より2週間以内の返品対応可能です

 

まとめ

貧乏ゆすりの原因については、いまだ解明されていないことが多いです。
しかし以前は、あまり良いイメージを持たれていなかった貧乏ゆすりですが、現代ではジグリングとして変形性股関節症の治療にも有効であることが立証されています。
血流改善やエコノミークラス症候群の予防効果、精神的な安定作用なども期待されていることから、今後さらに注目を浴びることになるでしょう。
ぜひ、貧乏ゆすりを取り入れた生活で健康効果を実感してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です