【まとめ】貧乏ゆすりの健康への効果とは?貧乏ゆすりの効果特集

貧乏ゆすりって健康に効果があるの?

貧乏ゆすりがもたらす健康への効果は具体的にどのようなものがあるの?

上記のように、貧乏ゆすりがもたらす効果についてさらに詳しく知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

実は、貧乏ゆすりは医療現場でも医療用語「ジグリング」として導入されるなど、年々健康への効果が着目されています。

テレビや雑誌で貧乏ゆすりが健康に良いとなんとなく知ったけれど、さらに深くその効果について知りたいという方へ、貧乏ゆすりの効果を示した文献とともに、わかりやすくお伝えします。

また、記事後半では貧乏ゆすり(ジグリング)の健康への効果に着目し、いち早く変形性股関節症の治療に取り入れた柳川リハビリテーション病院名誉院長であった「故 井上明生」医師のご協力のもと開発した、自社医療認定機器「健康ゆすり」についてもご案内させていただきます。

貧乏ゆすりはジグリングとして変形性股関節症の治療に導入されている

冒頭でもご説明しましたが、貧乏ゆすりは「ジグリング」といって医療現場で変形性股関節症の治療に採用されています。

柳川リハビリテーション病院名誉院長であった「故 井上明生」医師が著者である「びんぼうゆすりで変形性股関節症は治る!」では、変形性股関節症で悩む患者様にジグリングを行い、股関節の痛みが軽減し、軟骨が再生した事例を紹介しています。

さらに、「変形性股関節症に対する関節温存手術後の関節症に対するジグリングの効用」という論文では、1日2時間ジグリングを用いたケアでの改善例が掲載されています。

以下がジグリングの効用を示した論文になります

参考:変形性股関節症に対する関節温存手術後の関節症に対するジグリングの効用

このように貧乏ゆすり(ジグリング)は、股関節の痛みで悩む多くの女性に支持されている運動なのです。

貧乏ゆすりが健康に良い理由とは?

915c62e93bf852ab8361183eb17d9207_s

なぜ近年、貧乏ゆすりの健康効果が注目されているのかその理由について、下記の記事よりご覧いただけますので、ぜひ参考にしてください。

貧乏ゆすりは、「運動が苦手な方でも気軽に継続できる」「血流改善作用がある」「不安やイライラを解消する」など健康に良い理由が非常に多いのが特徴です。

貧乏ゆすりの効果とは?詳しく解説

e955a39a8461d31a0594e6b287c32571_s

それでは、本記事の本題である貧乏ゆすりの効果についてお届けします。冒頭でお伝えした変形性股関節症の治療だけでなく、さまざまな効果が認められています。

女性に多い脚のむくみ解消効果

貧乏ゆすりは、ふくらはぎの筋肉を中心的に鍛えることができます。

なぜふくらはぎの筋肉を鍛えることが女性に多い脚のむくみに効果を発揮するのかというと、ふくらはぎの役割に着目すると明確です。

ふくらはぎは、「第二の心臓」とも呼ばれ、重力によって下半身にたまってしまった血液を心臓に戻す役割があります。

つまり、ふくらはぎの筋肉を鍛えることで、血液を心臓に戻す役割が回復し、体全体の血流が改善します。

むくみの原因は、主に血流が滞ることによって余分な水分や老廃物が体内に溜まってしまうことにあります。

ですが、血流が改善されれば、元のように余分な水分や老廃物が、静脈やリンパ管に回収されるため、結果として「血流改善=むくみの改善」にもつながるということです。

貧乏ゆすりで脚のむくみを改善する方法をさらに詳しく

【貧乏ゆすり健康法】貧乏ゆすりで脚のむくみ改善できる?むくみの原因予防法とは

 

夏場にも多い冷え性解消効果

自宅やオフィスでずっと同じ姿勢のまま作業をしていると、基礎代謝が低下し本記事でもお伝えしたように第二の心臓である「ふくらはぎ」の筋力が低下します。

それに加えて、夏場のクーラーによる冷えによって、体全体が冷やされた結果、さらに血流が悪くなりやすい状態に。

このような状態が続くと、夏場に多い冷え性を発症します。

夏は、室内と室外の気温差が発生しやすく体調も崩れやすい時期でもあります。

そのような場面でも、貧乏ゆすりを取り入れることで、ふくらはぎの筋力をアップし、全身の血流を改善するため、冷え性対策には有効です。

貧乏ゆすりは、冷え性にもその効果を発揮します。

ぜひ、下記の記事より冷え性にも効果が期待される貧乏ゆすりのやり方をチェックしましょう。

冷え性対策に効果が期待される貧乏ゆすりのやり方をチェック

夏に多い冷え性の原因と対策!5つの生活習慣で改善しよう。

エコノミークラス症候群の発症予防効果

長期的に同じ姿勢を続けていると、脚の血管に血栓と呼ばれる塊ができ、エコノミークラス症候群になりやすい状態に。

エコノミークラス症候群の原因は、主に「内皮障害(血管が傷ついた状態)」や「血液の凝固亢進(血液が固まりやすい状態)」、「静脈の血流停滞(血流の流れが悪い状態)」などによって発症します。

つまり、血流が悪くなるような環境は要注意です。

貧乏ゆすりは、ふくらはぎの筋肉を鍛えて、血流を改善する効果が認められていますので、エコノミークラス症候群予防に普段から取り入れるのもおすすめです。

最近では、災害が非常に多く、長期的に避難所生活を強いられる場面や、足腰が悪くあまり脚を動かすことができない方も多いですよね。

そのような場面でも、貧乏ゆすりなら副作用もないですし、無理な運動ではないため、続けやすいです。

貧乏ゆすりの健康への効果をさらに詳しく!

貧乏ゆすりの原因って?貧乏ゆすり(ジグリング)の健康への効果について

不安やイライラの解消効果

リズミカルな運動を取り入れることで、脳内より幸せホルモンと言われている「セロトニン」が分泌されることが証明されています。

実は、リズミカルな運動である貧乏ゆすりも、幸せホルモンである「セロトニン」を分泌されるのではないかと研究されています。

セロトニンは不安やイライラを打ち消す作用があるため、貧乏ゆすりによって精神的なストレスも解消されるのではと注目されています。

ぜひ、毎日の生活に貧乏ゆすりを取り入れて健やかな毎日を手に入れましょう。

貧乏ゆすりの原因って?貧乏ゆすり(ジグリング)の健康への効果について

ダイエット促進効果

実は、貧乏ゆすりを行うことで、第二の心臓でもある「ふくらはぎ」の筋肉を強化し、血流改善、代謝を促進し、ダイエットサポートの役割もあります。

貧乏ゆすりをしない場合とする場合とでは、1時間あたりの消費カロリーが約40kcalも差が生まれたという論文もあり、基礎代謝を高める上でも効果的です。

貧乏ゆすりのダイエット促進効果については下記より

貧乏ゆすりによるダイエット

股関節が正常かどうかチェックしよう!

9d717771f33e8f8cdb5a70c864ac1520_s

貧乏ゆすりが健康に良い理由をおわかり頂けたかと思いますが、そうなると気になるのは自身の股関節が正常なのかどうかという点です。

通院し、変形性股関節症だと診断されている方は治療に取り組まれていることかと思いますが「最近股関節が痛いな」という方もいらっしゃるかと思います。

そのような場合には、以前NHK「ためしてガッテン」で放映された「股関節腰痛症」のチェック方法を参照すると、自身でも簡単に股関節の不具合をチェックできるためおすすめです。

NHK「ためしてガッテン」で放映された股関節チェック方法はこちら!

股関節に良いおすすめの体操 NHKためしてガッテン

変形性股関節症をさらに詳しく知りたい方はこちら!

変形性膝関節症とはなにか

健康に良い貧乏ゆすりのやり方について

2d849de344ff9a205b2e1df9f3b93fc0_s

貧乏ゆすりが変形性股関節症をはじめ、脚のむくみや冷え性、エコノミークラス症候群、不安やイライラなどの改善に良いというお話をしてきましたが、気になるのがそのやり方ですよね。

基本的に、変形性股関節症の改善のための貧乏ゆすりのやり方と健康を意識した貧乏ゆすりでは、やり方は変わらないのですが、貧乏ゆすりを行う時間に差があります。

ここでは、変形性股関節症改善に良いとされる貧乏ゆすりのやり方について解説致します。

貧乏ゆすりのやり方

①椅子を用意します

椅子については背もたれのある椅子をご用意ください。

背もたれのある椅子によりかかるのは良くありませんが、万一、バランスを崩すと良くありませんから、背もたれのある椅子の方が良いです。

②次に、椅子に浅く腰掛けてください

このとき、つま先は床につけたまま膝と腰を直角に曲げておきましょう。

③②の状態で踵を浮かせて上下します

この踵の上下は、片脚ずつ細かくゆするようにしましょう。

④毎日30分以上行うようにする

貧乏ゆすりの行う時間についてですが、できれば合計2時間行うとより効果的でしょう。

最低でも毎日30分の継続が効果をあげる秘訣です。

※貧乏ゆすり(ジグリング)はできるだけ踵を早く動かすのがポイントです。

貧乏ゆすり(ジグリング)は、リビングでテレビを見ながらや読者をしながらなど「ながら運動」としても取り入れやすいですので、ぜひお時間を作り導入してみてください。

貧乏ゆすり(ジグリング)の健康効果に着目した「健康ゆすり」

yamada001

貧乏ゆすりは、これまではあまり良いイメージを持たれませんでしたが、弊社では、ジグリングの健康への効果に以前から着目し、柳川リハビリテーション病院名誉院長であった「故 井上明生」医師のご協力のもと、健康効果の高いジグリングを行える医療認定機器「健康ゆすりを開発致しました。

健康ゆすりの開発段階から、何度も改良を重ね、多くのお客様から大変嬉しい反響を頂いております。

脚の疲労回復や冷え性、むくみの改善サポートはもちろんのこと、変形性股関節症の痛みで悩まされている方などのセルフケアに自信をもっておすすめできる商品となっております。

ジグリングは継続して行うことで、高い効果を発揮できますが、ご自宅で椅子に座りながら貧乏ゆすりを毎日するとなると大変という方もおられます。

そのような場合には、弊社の「健康ゆすり」をぜひご検討ください。

自らの意思で貧乏ゆすりを行うと大変な方は、自動で踵を上下できる健康ゆすりをお試しください

▼医療認定機器「健康ゆすり」の詳細は以下のリンクより

-安心安全の医療認定機器-

購入日より2週間以内の返品対応可能です

まとめ

貧乏ゆすりには、変形性股関節症の治療をはじめ、冷え性や脚のむくみ解消、さらにはエコノミークラス症候群の予防、不安やイライラ解消などさまざまな効果がありました。

老若男女問わず気軽に行えるのが最大のメリットですので、ぜひご自身の健康のために貧乏ゆすりを取り入れてみてください。

また、自分で行う貧乏ゆすりが面倒だなという方は、弊社がおすすめする「健康ゆすり」もぜひご検討ください。

▼医療認定機器「健康ゆすり」の詳細は以下のリンクより

-安心安全の医療認定機器-

購入日より2週間以内の返品対応可能です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です