自分は大丈夫?気になる口臭を治す方法

122185_4

まずは2分でチェック!自分の口臭を確認する方法

自身の口臭に関してはなかなか気付きにくいことから、本当は周りに口が臭いと思われていないかどうかが気になるという方も多いと思います。判定器具を用いるなど、自分の口臭を確認する手段はさまざまありますが、最も手軽なのは袋やティッシュを使う方法です。

袋の場合はまず息を吹き込み、一旦閉じ込めます。2、3分程度経ってから、その息を嗅いでみることで確認が可能です。ティッシュの場合は、唾液を染み込ませ、その臭いを嗅ぐという方法になります。それでも自分の口臭がいまいちわからないという場合は、誰かに直接チェックしてもらうという方法もありますが、臭い場合は恥ずかしさもあると言えるので、なるべく自分で確認したほうが望ましいでしょう。

臭いの有無や強さは日毎に異なるので、定期的にチェックすることが大切です。

口臭の原因はどこにある?

口臭の原因は数多くありますが、代表的なのは生理的なものと、食べ物によるものがあります。

起床した直後はなんだか口が臭いと感じたことがある方は多いと思いますが、これも生理的な口臭の1つです。空腹時にも発生する可能性はあるものの、生理的なものに関しては、いずれも唾液の分泌量が関係していると言われています。食べ物は、ニンニクやお酒などを摂取した際に起こる口臭で、一時的に起こるものです。

また、ストレスや緊張が原因になることもあります。生理的なものと同じく、唾液の分泌量が減ってしまうと、菌が繁殖し、口が臭くなってしまうのです。他にも、歯周病などの病気によるものも挙げられます。これだけ沢山の原因がありますが、裏を返せば、殺菌作用のある唾液の分泌を促すことができれば、十分に予防することができるのです。

自宅でできる口臭予防法

口臭は病院の外来で治療することもできますが、自宅でも手軽に予防や改善ができることなので、日頃から対策を行うのが効果的です。手軽な予防法としては、食生活の改善とマウスウォッシュの活用が挙げられます。食生活はまずニンニクなど、臭いの原因となる食材を摂らないようにすることが大切です。マウスウォッシュは殺菌作用があるので、菌の繁殖による悪臭を防ぐことができます。ただ、マウスウォッシュに関しては一時的な効果しか得られないので、日頃の歯磨きを徹底し、臭いの原因となる歯石を綺麗に取り除いていくことも忘れないようにしましょう。

また、あまり知られてはいませんが、青汁も口臭対策になると言われています。青汁に含まれているクロロフィルという成分は、口臭や体臭を予防する効果があるのです。

このようにさまざまな予防法がありますから、徹底して臭いを除去していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です