乳酸菌が作る乳酸のメリットとは?

乳酸は、ヒトを含め、
動物や植物の組織に存在する酸です。

糖が分解されてできる有機化合物の一種で、
ヨーグルトや味噌、乳酸菌飲料などに含まれ、
自然界に広く存在しています。

乳酸菌が作り出すのが乳酸は、
ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品にも
多く含まれています。

乳酸菌が作る乳酸は、
棲む環境を酸性に変えるため、
他の有害微生物(食中毒菌や腐敗菌)の繁殖を
抑えることができます。

乳酸菌によって発酵した牛乳は、
たんぱく質が分解され、
消化吸収を助けてくれるので、
牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするといった人でも
ヨーグルトであれば食べることができます。

また食感も良くなります。

乳酸発酵の過程で、
乳タンパク質がプリン状に固まり、
舌触りがなめらかになり、
乳酸菌のさわやかな酸味は
食欲を高めてくれます。

腸内まで届けば、
乳酸菌は腸内に棲む善玉菌にとって、
頼もしい応援団といえます。

乳酸菌によって作られた乳酸は、
文字通り酸性の物質です。

腸内の悪玉菌はアルカリ性で活動します。

逆に腸内に多く存在する善玉菌は
弱酸性環境でよく存在しますから、
乳酸菌が腸内に多ければ、
悪玉菌の繁殖が抑えられ、
腸内環境を守ってくれます。

腸内環境を整える乳酸菌が
活発に働くことで、
お通じや便臭の改善といったおまけも期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です