薬用植物が秘める未来への扉

南米は、トマトやジャガイモの原産地として知られていますが、
ジャトロファという植物のルーツでもあります。

ジャトロファ(正式名称はJatropha Curcas)は、
日本の生物学名ではナンヨウアブラギリと呼ばれ、
南米では昔からランプ用の油や薬として、
あるいは石鹸の原料として使われていました。

実には毒性の成分が含まれるため、
食べることは出来ませんが、
その特徴を利用して家々の塀に沿って植えられ、
動物による家屋への侵入を防ぐのに使われていました。

南米の家庭で、
ほそぼそと栽培されていたジャトロファに転機が訪れたのは、
16世紀以降です。

ポルトガル商人が、ジャトロファに含まれる薬としての効果に注目し、
アジアやアフリカにジャトロファを持ち込んで栽培し、
現地に定着させました。

アフリカでは、
作物を荒らすゾウの侵入を防ぐ垣根としても定着しました。

ジャトロファの実で作った薬用石鹸は、
皮膚トラブルなどに効能があります。

製造方法は、いたって簡単です。

ジャトロファの実を集め、外殻をむいて種を取り出します。

石臼などで種をすりつぶして、水と混ぜながら熱し、
ある程度熱を取り除いた後、形を整えて固めるだけです。

熱帯地方では成長が早く、約1年ほどで実をつけることも可能です。

ゴムの木栽培などと異なり、
栽培の早い段階で加工品を作ることができますから、
現金収入の少ない農村などの新たな財源に、
することが可能です。

しかし、ジャトロファが近年注目されている理由が、他にあります。

未来のエネルギー源として活用するための研究が、なされているのです。

-続く-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です