梨に死角ナシ

秋といえば、
実りの季節ですが、
その中でも果物は、
一番美味しい季節です。

ぶどう、柿、イチジクなど美味しい果物がある中でも、
一番人気は、梨ではないでしょうか。

梨はバラ科の植物で、
大きく分類すると、
和梨(豊水、幸水、二十世紀など)、
中国梨(日本では一部の地域でのみ栽培)、
洋梨(ラ・フランス、バートレットなど)に分けられます。

登呂遺跡から和梨の種が見つかっていることから、
弥生時代には食べられていたと考えられます。

江戸時代には、
品種改良が行われ、
100種ほどの和梨が栽培されていました。

果汁の多さと共に、
シャリシャリという歯ざわりは、
美味しさのポイントのひとつですが、
このシャリシャリは、
石細胞と呼ばれる硬い細胞があるためです。

梨の果肉の細胞にリグニンという物質が蓄積して、
細胞の壁が厚くなったものが石細胞で、
大切な種子を守る役割を果たしています。

石細胞は、
便秘解消に効くともいわれ、
漢方薬として使われています。

梨には、
夏バテ解消、
熱を下げる、
のどの痛みを緩和させる
といった効能もあります。

また、韓国料理では、
すりおろした梨が使われます。

これは、梨に含まれている
タンパク質分解酵素が、
肉を柔らかくするためです。

梨が持つ殺菌効果も、
韓国料理によく利用される理由です。

生食で美味しく、
健康に良く、
料理の素材としても素晴らしい梨には、
死角ナシということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です